初めての方へ


「はりやお灸ってどうなの?」とご不安な方へ

鍼灸治療が初めての方であれば、まず真っ先に思い浮かぶ不安は、鍼灸の効果についてではないでしょうか?「気」や「ツボ」といった考え方は西洋医学には無いからです。そのため、「鍼灸は非科学的で怪しい」と言われた時代も過去にはありました。

ところが、西洋医学や科学の進歩に伴い、鍼灸のメカニズムがようやく科学的に解明されるようになってきたのです。そして今では、西洋医学の拠点である欧米各国でも非常に高く評価されています。

欧米諸国での鍼灸治療の評価

  • 1997年、アメリカのNIH(国立衛生研究所)が、鍼灸治療の科学的有効性を認める
  • ドイツのBMG(連邦保健省)は、2000年〜2005年に30万人規模の研究を行った結果、鍼灸治療の有効性を認め、保険の認可を行う(腰痛や膝関節症など)
  • 2000年、イギリスの医師会が鍼灸治療の有効性を認める(チャールズ皇太子も鍼灸治療好き)
  • 1998年時点で、アメリカの医科大や医学部の60%が、鍼灸治療を含む補完・代替医療のカリキュラムを組んでいるなど

鍼灸のメカニズム

鍼灸のメカニズム

近年の研究により、ツボ(経穴)とは、刺激を感知するセンサーが沢山集まっているところだということが分かってきました。そして、鍼灸によってそのセンサーを意図的に作動させることで、脳の司令部にその情報が伝わり、様々な反応を引き出しているのです。

例えば、鍼によるツボ刺激で、脳の視床下部が反応し、脳内麻薬とも呼ばれるモルヒネ様物質(エンドルフィン等)が分泌され、痛みが和らぐことが、MRIを使った研究によって確認されています。(明治国際医療大学 樋口教授ら)

また、2011年には、鍼で「筋膜上圧刺激」を行うと、その情報が自律神経をコントロールしている脳幹にも伝わり、リラックスさせる時に働く副交感神経を有意に増加させる、という論文も発表され、脚光を浴びています(名古屋市立大学大学院 早野教授ら)。

いずれにしても、鍼灸治療によって血行が改善されたり、自己治癒力や免疫力がアップしたりすることで、結果的に悩みの種であった症状も改善されていく、というのが鍼灸治療の大きな特徴です。

鍼は痛そうだし、お灸は熱そうだし…

鍼灸治療が効きそうなのは分かったけれど、実際に受けるとなるとやっぱりまだ不安。鍼は痛そうだし、お灸は熱そうだし、安全性や副作用とかも気になるし…。あなたもそんな不安をお持ちではないでしょうか?

鍼は痛くないですか?

鍼は痛くないですか?無痛ではありませんが、我慢できない程の痛みでは全くありません。注射鍼とは太さが10倍以上も違いますし(髪の毛ほどの細さ)、先端も丸みを帯びているので痛みにくくなっています。

痛みがご不安な方に対しては、まず1本試しに刺してみて、ご自身で感覚をみてもらいます。ですが、これまで一人も止められた方はいらっしゃいませんし、「いつ刺されたのか分からなかった」「心配して損した」と良く言われるぐらい痛みは少ないのでご安心下さい。

鍼は安全ですか?

鍼治療は確かな知識と適切な管理の下で行えば、極めて安全な治療法です。当院では国産の滅菌処理された使い捨て鍼を使っているため、感染症などのリスクはありません。

また、鍼灸師の国家資格者として解剖学などの専門知識を有し、必要以上に深く/たくさん鍼を打ったり、神経や肺などのリスクの高い箇所に打ったり、というようなことは一切いたしませんのでご安心下さい。

鍼に副作用はありませんか?

薬のような副作用はありません。ただし、内出血(皮下出血)や響き(得気)、好転反応(瞑眩反応)が起こることはあります。

■内出血(皮下出血)

鍼を刺したり抜いたりする際に、細い静脈の毛細血管に触れてしまった場合に起こるもので、通常は1-2週間で青あざも消えます。

■響き(得気)

鍼を刺した時に現れる、ズーンという鈍い感覚や重だるい感覚、電気が走るようなシビレる感覚です。東洋医学では、この響きによって「気」を得て、効果が現れやすくなると考えられています。

■好転反応(瞑眩反応)

鍼治療によって新陳代謝が盛んになった為に、運動や入浴後のような疲れやだるさ、眠さを感じたり、麻痺していた感覚が蘇った為に痛みが再発したり、といった反応が起こる場合があります。これは自然治癒する間に起こる正常な過程で、通常は当日から2日以内にこうした症状も消えます。

禁忌の症状や受けられない人はいませんか?

手術や投薬など、病院での緊急処置が必要な場合は、そちらを最優先して下さい。
また、鍼治療は赤ちゃんから妊婦さん、お年寄り、ペースメーカーをつけている方まで、どなたでも安心してご利用頂けます。

お灸は熱くないですか?火傷したりしませんか?

guidance4皮膚にもぐさを直接のせるわけでは無いため、通常は熱過ぎたり火傷したりはしません。むしろ全く熱さを感じなかったり、気持ちよかったりします。

ただし、体調の変化によって熱さを過敏に感じたり、皮膚が弱っていて水ぶくれができてしまうことがあるため、もし「熱い」と感じたときは、堪えずにお伝え下さい。