体質改善


原因不明の症状で薬だけが増えていってる方へ体調が悪いのに、病院では「特に異常なし」の診断。整形外科や脳外科、精神科、心療内科…、色々な科に回され、薬はどんどん増えていったのに、全然良くならない。むしろ薬の副作用なのか、違う症状も出てきているし。症状がひどいと普通に生活するのも辛いのに、周りからは怠けているように見られたり。仕事ができなくなった分、収入も減っているし…。そのくせ薬代だけがどんどん増えていっている。

こんな症状の方がよくご来院されています

  • 頭痛 (片頭痛、緊張型頭痛)、めまい、吐き気、眼精疲労
  • 疲れやすさ、だるさ
  • 風邪、悪寒、微熱が続く
  • 更年期障害(男性更年期含む)、顔がほてる、多汗、動悸、睡眠障害、気分障害、疲れやすいなど
  • イライラする、憂うつになる
  • 食欲不振、便秘、下痢、胃痛
  • 月経痛、月経不順など

病院(西洋医学)との違い

「上医は未病を医す・中医は人を医す・下医は病を医す」

constitution2これは、中国の医聖といわれたソン・シバクが記した言葉です。この言葉の通り、東洋医学では、病気になってから治すのではなく、病気を未然に防ぐことを最終的な使命としています。

西洋医学では、何らかの原因を科学的に特定できなければ、定型の疾患に分類できないため、有効な治療を行えません。一方、東洋医学では、病名ありきの治療ではなく、その人の体質や体調の崩れを診て、そのバランスを鍼灸の刺激で整える治療です。これにより血液の循環や免疫力、自己治癒力が高まり、結果的に症状も治っていくのです。

西洋医学と東洋医学のどちらが優れている、という問題ではなく、それぞれに特徴や得意・不得意がある、ということです。

  西洋医学 東洋医学
向き合うもの 病気 目の前にいる人
診断方法 ・画像、数値、データなどの科学的根拠をもとに診断
・病気の共通性に重点
・膨大な数の経験則に基づく全身に現れる兆候をもとに鑑別
・個人差や体質に重点
診療方針・内容 ・病気や診断名に沿った画一的な治療
・病原を手術や薬で直接攻撃・除去する
・個々人のその時々のアンバランスな状態を整えるオーダーメイドの治療
・心身の全体的な健康度を高めることで自己治癒力を高める
得意な分野 ・救急医療、手術
・特効薬
・予防、健康維持
・原因不明の症状の改善

鍼灸治療の研究報告の一部

  • 自律神経系の症状の93%で鍼治療によって何らかの有効性が認められた(45症例)。症状の平均改善率は53.5%であった。3年間継続した場合、平均改善率は77.3%まで向上した。(矢澤一博
  • 緊張型頭痛の患者40名を2群に分けて比較交差試験を行った結果、電気鍼を行ったグループの方が頭痛の頻度や持続時間、痛みの強さ等の点で有意な改善を示した。(Xue CCら
  • 日本頭痛学会の慢性頭痛の診療ガイドラインの中でも、片頭痛や緊張型頭痛の治療法の一つとして鍼治療が推奨されている(日本頭痛学会
  • 風邪で来院した患者215名に対して、鍼治療の前後で風邪をひいた回数の調査をした結果、通院期間2年未満の45.9%で改善が報告され、4年以上になると82.8%が風邪をひくにくくなったと報告した。(東洋医学研究所

頭痛持ちの体質改善

頭痛の女性日本人の約1割が片頭痛や慢性緊張型頭痛に悩まされ、日常生活に支障が出ている人も少なくありません。また、頭痛の原因は、精神的ストレスや筋肉のコリ、眼精疲労など様々です。

片頭痛は、月に数回程度の頻度で、頭が急にズキンズキンと痛みだすことが多いです。吐き気を伴うこともあります。緊張型頭痛は、頭痛の約9割を占めるもので、痛みはジワーっと鈍かったりキリキリと締め付けられるような感じです。首から肩にかけてのコリやツッパリがあるのも特徴的です。

主な治療

当院では、トリガーポイント鍼によって筋肉の緊張をほぐすだけでなく、東洋医学的な観点から気・血・水のバランスを調節し、頭痛になりにくい体質へと導いていきます。

風邪をひきやすい人の体質改善

マスク / 咳き込む女性「風邪は万病の元」と言われる通り、風邪で身体が弱ると免疫力が低下してしまうため、様々な病気を併発しやすくなってしまいます。ですから、風邪になりにくい体質を作ることは、健康を維持するためには必要不可欠です。

風邪の原因の大半はウイルスです。悪寒や鼻水、喉の痛み、くしゃみや咳、熱などの症状は、こうしたウイルスに対して身体が戦っている証拠(防衛反応)です。

主な治療

当院では、鍼灸治療によってウイルスと戦う免疫力を高めることで、風邪をひきにくい体質へと導いていきます。また、睡眠時間の短さや食生活の乱れも免疫力を低下させるため、こうした生活習慣へのアドバイスも同時に行っています。

疲れやすい人・バテ気味の人の体質改善

疲れる女の子「夏バテ」のように、病気ではなくとも常に疲労感があり、身体がだるい。顔色が悪く、食欲も出ない。そんな状態が続くと、精神的にもまいってしまいますし、不妊症などの原因にもなります。

疲れやすい体質の原因としては、栄養不足や脱水症状、睡眠不足、胃腸を始めとした内臓機能の低下、そしてストレスなどによる自律神経の乱れ等が上げられます。

主な治療

鍼灸治療は内臓機能の強化を始め、「DHEA-S」と呼ばれる「ストレスに強くなり、免疫力をアップさせる」ホルモンの分泌を促す作用もあることが分かっています。(DHEA-Sは、その他に精力増強や体力強化、抗炎症作用などを持つと言われています。)

自律神経失調症・更年期障害の体質改善

絶望的な女性めまい、血圧の乱高下、イライラ、不安感、便秘や胃痛、息苦しさ、動悸、耳鳴り、肩こりや腰痛…。こうした自覚症状があるにも関わらず、西洋医学的には原因不明の場合、「自律神経失調症」と診断されることが多いのが現実です。症状は人によって違い、その人の弱い箇所に症状が現れやすかったり、出る症状が変化したり、その強さに波があったりするのも特徴的です。

原因は、過労やストレスで脳が休めなくなり、自律神経が乱れてしまったことだと考えられています。また、自律神経の中枢である脳の視床下部は、不安や怒りなどの中枢である辺縁系と深く関係しているため、精神的な症状も現れやすくなります。

主な治療

薬には依存性や副作用がありますが、鍼灸治療にはこうしたものはありません。さらに、鍼灸治療は、脳の視床下部に作用して、自律神経の乱れを整える効果を期待できます。

生理痛・月経痛の体質改善

Woman sitting on the bed with painお腹がキリキリ痛む、下腹部に鈍い痛みがある、腰痛や身体のだるさ、頭痛、イライラや憂うつ…。中には痛み止めを飲んでも効かなかったり、仕事を欠勤しないといけないほど、生活に支障を来している方もいらっしゃいます。

生理痛の主な原因は、プロスタグランジンと呼ばれる子宮の収縮作用を持つホルモンが過剰に分泌されることだと言われていますが、その他に、冷えやストレス、虚弱体質などで血行が悪いことも大きな要因となります。

主な治療

鍼灸治療によって血行を良くすることで、生理痛はその場で大幅に痛みを軽減できることがよくあります。また、痛み止め薬のように対処療法として行うのではなく、体質改善として取組むことで、実際に生理痛の症状をかなり改善させられることが期待できます。

料金案内(税別)

鍼灸メニュー

体質改善治療 冷え、更年期障害、頭痛、風邪、易疲労、月経痛などへの鍼灸による治療 4,800円
全身美容鍼灸スペシャルコース 体質改善のための全身の鍼灸+お顔への電気を流す美容鍼 9,800円

※初回のみ初診料 1,500円

整体メニュー

おためし15分コース 何度でもご利用可能です(約15分) 1,500円
全身リラックスコース 全身に溜った疲れや緊張をほぐしていく贅沢なコースです(約60分) 6,000円
リンパデトックスカッピング 伝統療法の吸玉で循環を促します。コリやむくみにもお勧めです 4,000円